読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ArKitypeのブログ

セガ信者なArKitypeがゲームとか趣味の話を書いてます COJ成分多め

「CODE OF JOKER」応援バナー 「Wonderland Wars」応援バナー

帰ってきた3000AP

🃏 カミノチカラヲウケテミヨー

昨日今日で全力で取り戻しました。 おひさーまぽかぽかーしてました。

 

柄にもなく緑色なデッキを使っていたのですが、レベコンに全くと行っていいほど当たらなかったのもあって素晴らしく強かった。 カード足りてないのに戦績は7-1。 喜びで胸がいっぱいです(小学生の卒業式レベルの感想)。

 

というわけでこの2日間でそこそこAP盛れたデッキです。

f:id:ArKitype:20151008234236p:plain

 

 本来ならヴィシュヌかアテナをせめてもう1枚増やしたいところ。 バイト代が振り込まれるまで残り資産3千円でゲーセンで遊ばなくては行けないので流石に今はパック買えません。

 まあある意味この構成で勝ててるのはありがたい。 ヴィシュヌ連打できるようになったらどうなるのやら。

 

🃏 デッキの使い方 

初手……マリガンは先攻ならアイテールと2T目に出したいユニット、できれば緑インセプも。 後攻はニンリル、ミューズのどちらかを絶対死守すること。 できればアイテールとインセプも欲しい。

 

序盤戦(1-3T目)……《天空のアイテール》で相手をタコ殴りにしましょう。できれば インセプ構えてぶん殴りましょう。

 《狂気の闘技場》で相手の《ミューズ》やその他めんどうなシステムユニットを天空に舞い上がらせちゃいましょう。  場に《ヘカテー》がいるともっと自分が楽しめます。

 貫通つけてぶん殴って相手に選択迫るのホントに楽しいです。 でもできれば2体は壁を用意しましょう。 調子に載ってると《湖畔のアリエ》とか《天龍のレイア》とかにアイテール寝かされて逆にタコ殴りにされます。

 

中盤戦(4-6T目)……できれば《南風のニンリル》が居る状態で《ダルタニャン》や《怪盗ZERO》を出していきたい。

 ハンドアドを稼ぎまくって後半に繋げたい。 中盤で豊富なハンドがあると相手に《戦神・毘沙門》を連打されてもなんとかなったりします。 ダルタニャンのアタック時のドローも使えたら嬉しいところ。

 

終盤戦(7T目~)……《統制者ヴィシュヌ》や《軍神・アテナ》でこちらに有利な盤面を維持しましょう。 勿論その場にニンリルがいればアドをもっと稼げます。

 そしてできれば決めたいのが「《風精リーフ》→《アガスティアの葉》→《鬼神・スサノオ》」のコンボ。 

《風精リーフ》は相手の場にウィルスを特殊召喚する特性上、ユニット数が相手より少ない場合に発動できる《アガスティアの葉》と非常に相性がいい。 相手ユニットが4体以下ならリーフちゃんが場に出るだけでアガスティアの発動条件を満たせる。

 そして「おひさーまぽかぽかー」とか可愛いセリフを言ったと思ったらCPアガスティアでCPが元に戻る。 6T目以降なら大概捨て札には緑ユニットが5枚位はあるはず。 ここで《鬼神・スサノオ》を繰り出すと、ウィルスの効果もあって、BP9000、貫通持ち、ホークアイショット持ちのバケモノユニットが爆誕する。 あとはアムネシアか人の業、もしくはミューズさえされなければそこからは、

セイヤー→オラー→セイヤー→オラー→カミノチカラヲウケテミヨー→オラーの3点コースが見えてくる。 できれば念の為に《武器破壊》を温存しておきたい。  このコンボの何が素晴らしいかというとこの動きが1Tで完了できるということ。 1Tで3点持っていく。 相手からしたら相当なクソゲーです。 本来なら並べてボコボコ殴りにくるデッキが一変して焦げ茶肌で白髪でへんなメーキャップした神様1人に3点もってかれるとか悪夢です。

 最近は紫肌の黄金聖闘士もとい巨人が1Tで3点以上持って行ったりすることもあるそうですが。 こっちは相手のユニットと基本BPも道連れにできるのが強みです。

 

 そんなスサノオですが、2枚しか入ってないのは純粋に枚数が無いからなのもありますが、それ以前にニンリルによって得られるハンドアドから繰り出される大型ユニットの連打が素晴らしく楽しいのです。 なんとか捲れそうな手札になった相手もこちらが《怪盗ZERO》をだせば、「正義のサインさ!」とかほざきながら相手のハンドかっさらっていく極悪プレイもできます。 

 

 このデッキの天敵は言わずとも分かるように、主にはレベルコントロール系のデッキなのですが。あちらがイザナミで1Tで2点を持ってくのなら、こちらは貫通持ちを突っ込ませて無理やりライフを削りにいけます。 

 

 とまあこんな感じのデッキ運用方法でした。

 それにしてもかつては「息してない色」とか「何にも有利取れないクソ色」など様々な罵詈雑言に満ちあふれていた緑色のデッキがここまで台頭することになるとは。

 今更ですがミューズの抑え選手っぷりはほんとに凄まじいです。 ツクヨミが飛んでこないかぎり、まず終盤のユニットの突撃を防げます。

 

 

 とまあほぼ初心者みたいな緑デッキの解説でした。

 みなさんも是非使っておひさまぽかぽかしてみてください。

 それでは今回はこの辺で。

 

 

 

P.S だれかヴィシュヌかアテナ下さい。